出産ママ達がみんなハマる!? 産後のシミはこの方法で治す!

「あれれ、最近シミが増えたような……」

子どもが生まれてついにママデビュー! と思ったら、鏡にはどっと老けた自分の顔……。

妊娠中もスキンケアには気を使っていたのに、いくら頑張っても効果がなく、最近はもう諦めムード。
「このまま一気に、老人のような顔になってしまうのかな……」

このような悩みを持っている人は、少なくありません。
とある調査では、出産前後のママの8割美容面での悩みが増えたと答えています。

そこで今回は、育児とキレイを両立したいママに実践してほしい、産後対策のスキンケアをご紹介します。

妊娠時のホルモンがシミの原因だった!?

 

シミが出来る原因は、妊娠時に大活躍するプロゲステロンという女性ホルモン。これがお肌の奥にあるメラノサイトを刺激して、メラニン生成を活発にしてしまうんです。

しかし、プロゲステロンは胎盤を作るのに不可欠なホルモン。シミが出来てしまっても仕方ありません。

つまり、産後のシミ対策は、メラニン生成によって出来てしまったシミを薄くするしかないのです。

産後のシミ対策スキンケアのポイントは?

 

出来てしまったシミ退治のカギは、「ハイドロキノン」と呼ばれる成分。ハイドロキノンはコーヒーなどに含まれる成分で、もともとは酸化防止剤として利用されてきましたが、実は美白にもとても有効です。

強力な美白効果の理由は、なんといっても過剰に生成されたメラニンが色素沈着を起こして出来てしまったシミを「薄く」できる点。

これまでの化粧品ではメラニン生成を抑えて新たなシミを「発生させない」ことしかできませんでしたが、ハイドロキノンは、なんとメラニンを作る「メラノサイト」に直接アプローチ。これからできるシミの予防だけでなく、既にできてしまったシミを「薄く」してくれるんです。

炎症の跡からできるシミや肝斑、そばかすにも効果があるので、出産後の敏感な肌には特に嬉しいですね。

ママ達から絶大な支持!ビーグレンのホワイトケアとは?

ハイドロキノン入りのスキンケア商品の中でも特にオススメしたいのが、「b.glen(ビーグレン)」のホワイトケア。その秘訣は、アメリカの薬学博士によって開発された独自の浸透テクノロジー「QuSome®」。

実は、これまでのホワイトケア化粧品は、皮膚のバリアに邪魔されてほとんどの成分が肌の奥に届いていませんでした。ところが、QuSome®はハイドロキノンを髪の毛の太さの500分の1サイズの超微小カプセルで包み込み、皮脂の奥の角層までダイレクトに届けます。

 

ブライアン・ケラー博士
「ビーグレン」を開発したケラー博士は、肌から有効成分を吸収させるDDS(ドラッグデリバリーシステム)分野で世界の第一人者と言われています。

彼の開発した「100ナノサイズのカプセル」に成分を閉じ込めてしまう浸透テクノロジー「QuSome®(キューソーム)」は、細胞の隙間を通り抜けてハイドロキノンを肌の奥に運ぶ事が可能。

また、QuSome®の技術は、
「高濃度で配合すると肌への刺激が強い」
「酸化しやすく安定しにくい」
というハイドロキノンの問題点も1度に解決したのです。

4%以上の濃度だと医師の処方箋が必要なハイドロキノンですが、QuSome化されたハイドロキノンは奥まで浸透するので、1.9%の濃度でも効果はバッチリ。

産後の肌は、メラニン生成の促進でとにかくシミができやすい状態。これに有効なのが、ビーグレンのホワイトケアです。メラニンを生成するメラノサイトにアプローチして既にできたシミを薄くしてくれるハイドロキノンを肌の奥深くまで届けるQuSome®。

そんなビーグレンのホワイトケアトライアルセットが、通常6,412円(税抜)相当なのに71%OFFの1,800円(税抜)で購入できるのでとってもオトク!

シミのないキレイな顔なら自然と自信も湧くし、慣れない育児も頑張ることができますよね。肌トラブルが起こりがちな出産直後だからこそ、ビーグレンで本格的なシミ対策を始めてみませんか?

 

気になったらシェア!お願いします
PAGE TOP